So-net無料ブログ作成

Solaris 10 で無線LAN [UNIX]

Solaris10のインストールを行ったものの何か使いたいソフトがあるわけではないので、付属のゲームで遊ぶくらいでした・・・

せめてインターネット位はできればよいのですが、インストールしたパソコンはWindowsでは無線LANでネットに接続しています。
クライアント(子機)はUSB接続で、当然Solarisには対応していないためネットに接続する事ができませんでした。

Solarisでもネットに接続できる様にクライアント(子機)をBUFFALO製の無線LANイーサネットコンバータ「WLI3-TX1-G54」に変更してみました。
この製品は有線LANポートに接続して使用する無線LANアダプターで設定を行うのにWindowsのパソコンが必要ですが、設定後は有線LANポートを装備したゲーム機などでも無線LANが使用できる様になります。

USBポートに接続する子機の場合、子機自体が動作するための電力はUSBケーブルから供給されるため1本のケーブルだけで使用できますが
イーサネットコンバータはLANケーブルと電源ケーブルの2本を接続してやる必要があります。



Solaris10でもLANのセットアップができていればイーサネットコンバータが利用可能です
Solarisのインストールではマイナーなチップを使ったLANコントローラですとインストール時に認識しないため手動でドライバーのセットアップが必要な場合がありますが
マイPCではcorega製の「CG-LAPCITX」(搭載チップ:Realtek RTL8139D)を使用していてSolarisのインストール時に自動認識しました。

Solaris10でネットへ接続できるようになったので
遊べる環境が整いつつあります・・・!?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。