So-net無料ブログ作成
検索選択

VistaCG1.28 [ソフトウエア]


VistaCGを使えばWindowsXPをVista風テーマにする事ができますが、
1.28でほんの少しだけセットアップ方法が変わったので書いておきます。

Universal UXTheme Patcher v1.2」を使って
Microsoft製以外のテーマを使えない様にするロックを外してやります。


続いて「VistaCG 」を入手しRAR形式の圧縮ファイルを解凍します。
解凍するとVistaCG1.28というフォルダができ、その中に[VistaCG32]と[VistaCG48]というフォルダが作られています。
この内のどちらかを使えばよいのですが・・・


[VistaCG48]以下のファイルを日本語版WindowsXPで使用するとスタートメニューの右側の先頭の文字が切れてしうので使いません。


[VistaCG32]以下のファイルをフォルダごと

C:\WINDOWS\Resources\Themes

の下にコピーしてやります。
ちょうど右図のような構成になります。

ただし、このままでは[画面のプロパティ]の[デザイン]タブ内で「VistaCG」を選択する事はできません。

[VistaCG32]フォルダの下にある「VistaCG.msstyles」をダブルクリックすればテーマを適用する事はできますが・・・

フォルダの名前を[VistaCG32]から[VistaCG]に変更するだけで

[画面のプロパティ]の[デザイン]タブ内で「VistaCG」を選択できる様になります。


関連記事
 ・VistaCG
 ・VistaCGを改造
 ・SP3でのテーマ変更


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。