So-net無料ブログ作成

無線LAN子機の感度 [ハードウエア]

マイPCではネットへの接続は無線LANを使い、子機にはBUFFALO製のWLI-U2-KG54Lを使っています。
付属のUSBケーブルを使いパソコンの前面USBポートに接続した状態でアクセスポイントへの接続状況はだいたい54Mbpsで電波状態60~70%といった所ですが、時間帯によってはスピードが36Mbpsに落ちて繋がらなくなってしまう事もあります。
スピードが落ちる位ならまだしも、回線が切れてしまうのは困りものです!?
無線LANの機器にはハイパワーの製品も有るのでその手の製品に買い替えないとだめかな・・・と思っていたある日、ちょっとした事を思い付きました・・・

テレビの室内アンテナなどは設置する場所や角度で感度が変わる事があるので、無線LANの子機も設置する場所によって感度が変わるのではないかという事です。

実験してみる為にUSB延長ケーブルを購入しました。
ELECOM製 極細タイプUSB延長ケーブル2.5m(USB-XE25BK
ヤマダ電機テックランド仙台東店にて780円でしたが、ポイントが1500Pほどあったので全額ポイントで購入することができました。
極細のケーブルは少々頼りない気もしますが、細い分取り扱いが楽かなと思いこれにしました。
さっそく部屋の中で場所を変えながら感度を調べてみたところ、南側の窓付近にぶら下げた時が一番感度が良くなんと驚きの電波状態100%です!!


アクセスポイントの親機も南側の窓付近にあるため、外で反射した電波を拾っているのかもしれません!?
今のところ回線が切れる事も無く快適です!
このままの状態を維持してくれると良いのですけど・・・
お約束(重要)
今回はたまたま条件が良くて電波状態を改善できたのかもしれませんので、この記事を読んで同じ事を行って電波状態が改善できなくても当サイトの管理人は一切責任を持てませんのであらかじめご了承願います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。