So-net無料ブログ作成
検索選択

システムフォントの変更 [ソフトウエア]

先日WindowsXPにVista風テーマの「VistaVG Ultimate」を入れましたが、これに使われているフォントに問題がありホームページビルダーのプルダウンメニューなど一部のソフトで文字化けが発生してしまいました。
いくら使い慣れたソフトとはいえこのままでは使い辛いので「.msstyles」ファイルを改造して強制的にシステムフォントを変更してみました。

「.msstyles」ファイルの改造には「StyleBuilder」を使います。
TGTSoft Homeから30日間無料で利用できるトライアル版がダウンロードできますので入手しインストールします。
  http://www.tgtsoft.com/

「StyleBuilder」を起動するとWindowsXPのLUNAが読み込まれた状態になっていると思います。
[Import...]アイコンをクリックして改造する「.msstyles」ファイルを読み込むのですが、アイコンがグレーアウトして押せない状態になっている時は一旦「New」アイコンをクリックしてLUNAを読み込んで下さい。
[Import...]アイコンをクリックすると左の様なウインドウが開きます。
上の段には改造する「.msstyles」ファイルを指定します。
「VistaVG Ultimate」の場合
 C:\WINDOWS\Resources\Themes\VistaVG Ultimate\VistaVG Ultimate.msstyles
になるかと思います。

下の段は改造後の「.msstyles」ファイルが出力されるフォルダです
 C:\tmp など適当なフォルダを指定します。
表示されたメッセージウインドウでは「はい」をクリック
「.msstyles」ファイルの読み込みが終了すると「Aero32」が開かれた状態になっていますので、左のメニューから「Fonts」をクリックします。
中に表示されたフォントの設定から「Change」ボタンをクリックして変更します。
私はVistaCGと同じ様に全てTahomaに変更しました。

参考のため他のテーマの設定を表にしてみました。

WindowsXP標準(LUNA)
Caption Bar TrebuchetMS
Small Caption Tahoma
User Name FranklinGothicMediam
All Programs Tahoma
Start FranklinGothicMediam
Task Button Tahoma
Menu Item Tahoma
VistaCG 1.41
Caption Bar Tahoma
Small Caption Tahoma
User Name Tahoma
All Programs Tahoma
Start Tahoma
Task Button Tahoma
Menu Item Tahoma
「Aero32」のフォント設定が終了したら、同様にして「Basic32」と「Black32」も変更します。
その際左側のタブを使うとべんりです。

ついでに使用しない「Aero48」「Basic48」「Black48」を削除してしまうのもよいかもしれません!?
全ての変更が終わったら「Apply」アイコンをクリックすると、インポートを行う時に指定したフォルダー(C:\tmp)の「VistaVG.msstyles」に変更した内容が出力されます。

ここで作られたVistaVG.msstylesをVistaVG Ultimateに入っていたものと入れ換えて使用するのですが、C:\WINDOWS\Resources\Themesの下にあるフォルダ名が「VistaVG Ultimate」の場合は「VistaVG」に変更しないと、「画面のプロパティ」の「デザイン」タブで「VistaVG」を選択できないので注意して下さい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。